省エネの時代

新しいダイニング

省エネルギー法に基づき、三菱のエコキュートは2017年度を目標にした省エネ性の達成基準を設けています。 メーカー各社は、省エネ基準達成度を示すラベルの表示を、2014年より実施しており、省エネ基準達成度が100%以上を示す場合は、グリーンのeマークを表示することができます。 三菱のエコキュートのPシリーズとSシリーズの全機種には、グリーンのeマークが表示されています。 三菱のエコキュートは、再生できる空気の熱を活用するために、お湯を非常に効率良く沸かすことができます。 また、お湯を沸かす時には、深夜の時間帯の安い電力を利用して沸かすので、さらに経済的なのです。 年間の給湯保温効率は、業界でトップクラスです。

日本は省エネ化が進んでおり、家計にも環境にも優しくて便利な製品が増えると、多くの人々が快適に省エネ生活を送ることができます。 三菱のエコキュートの他にも給湯器はありますが、例えば電気温水器だと、お湯を沸かす仕組みがエコキュートとは違うのです。 給湯器を選ぶ際は、仕組みの違いを考えて慎重に選択するといいです。 火を使わないという意味では、エコキュートも電気温水器も安心して使えるのですが、環境のことや経済的負担について考えると、エコキュートのメリットは大きいのです。 エコキュートは、消費電力が少ないので、同じ夜間電力を使っていても経済的にお得です。 給湯は、家庭で使うエネルギーの約3割を占めていますから、給湯に使うエネルギーを減らすことは、環境に良い上に家計も助けることになるのです。